通販購入に際してのメリットとデメリット

通販で衣服や靴を購入する際には、お店での購入の際に結構面倒くさい「試着」するという手間を省くことができます。サイズについていうと、メーカーによって微妙に違っているため、実際に届いて着用してみて、初めてフィットするかどうかを確認する事になります。

モデル着用の写真について

衣服を購入する際に「試着」に代わるものとして、モデル着用の写真があげられます。それを見て、着用してみた雰囲気を確認してみることと思います。写真というものは目に訴える力が強いため、一番指標にしてしまいそうですが、着用している人が「モデル」であるということを忘れてはいけません。

衣服の生地の風合いとサイズ感の違い

通販は目で見て、手で触れて購入する事ができません。特に生地の風合いやメーカーに よるサイズの違いについても、実物を見てみるまでわかりません。クーリングオフが義務付けられていない通販だからこそ、実物を見て返品する事を念頭において、返品制度がしっかりしているショップかどうか必ず確認しましょう。

通販で衣服の購入の際に気を付けること

通信販売で購入する際のまず一番のメリットとしては、お店に出向かなくても商品を購入できる点でしょう。欲しいと思った時には、たとえ夜中であろうともいつでも購入する事ができます。衣服や靴に限っていえば、試着をあれこれしなければいけないという手間も省くことができますし、またたくさん購入してしまっても、自宅まで届けてもらう事ができます。
食品に関していえば、普段は手に入れることのできない地方の名産品を購入できたり、ビール等の箱買いをする際にも玄関まで届けてもらう事ができます。
また店員さんの目が気になってしまって購入できないようなものも、通信販売なら気にすることなく購入ができます。
そんな良い点ばかりではありません。通信販売にもデメリットもあります。
デメリットの一番大きな点は、商品を実際に手にとってみる事ができないという点につきます。届いてみてから、思っていた品物と全然違うということも多々あります。
またショップによっては偽物を扱っている店などもあるため、実際に店を構えているショップの信頼感とはだいぶ違うものがあります。そして品物の到着まで時間がかかる事もあります。
そんなデメリットを補うためには、返品制度があるかを必ず確認するという事です。実は特定商取引法において、通信販売にはクーリングオフの制度は定められていないのです。なので、通信販売で購入する時には、自主的に返品制度を設けている業者を確認すべきですし、設けている業者で購入した方が良いと思われます。